妊娠3ヶ月には葉酸をとろう

妊娠3ヶ月の時期は妊娠初期の段階で、お腹の赤ちゃんが心臓や、目、耳などの重要な器官を作る大事な時期でもあります。その時に一番摂取しなければならないのが葉酸です。ブロッコリーなどにたくさん含まれているのですが、この時期は悪阻と重なることも多く、まともに食事ができない人が多いはずです。それでも、お腹の赤ちゃんの為に栄養は摂らないといけません。毎日の食生活からちゃんと摂れれば一番理想ですが、悪阻がひどいと食べることも飲むことも出来なくなるくらいひどい状態にもなります。そういう状態でどうすれば栄養が摂れるのかと考えると、やはりサプリメントで摂取するのが一番効果的です。赤ちゃん専門店などで売られていて、種類もたくさんありますから、自分にあったものを選びましょう。また、栄養補助食品なども利用するのもいいでしょう。

妊娠3ヶ月目の悪阻について

妊娠3ヶ月目は悪阻が一番ピークの時です。悪阻がなかったという人もいますが、大半はなんかしらの症状を経験していて、ひどい人は飲み物さえ受け付けないほどになります。そうなると、入院をして点滴を毎日打たないといけなくなります。悪阻にも吐き悪阻、食べ悪阻などがあって、とにかく吐き気との戦いになります。この時に普段使っている吐き気止めを絶対飲んではいけません。お腹の赤ちゃんに異常が出る確率が高くなります。どうしても、辛いという時は、産婦人科で安全とされている吐き気止めを処方してもらいましょう。妊娠は病気ではないからそれぐらい我慢しなさいと周りから非情な言葉を浴びせられることもあり、肉体的にも精神的にもとても辛い時期でもあります。こればかりは、個人差があって、出産するまであった人などもいますが、大抵はこの3ヶ月目を超えれば、症状も収まってくるはずです。

妊娠3ヶ月の特徴について

妊娠3ヶ月というのは、お腹の中の赤ちゃんの様子でいうと、身長は5~8センチ・CRLが13~16ミリから35~50ミリになっています。エコーで見た時の形も、人間の形になってきています。母子手帳を受け取っている方も多くなります。この時期になると、ほとんどの母親が自分が妊娠している事に気が付きます。母親の体の変化としては、お腹はまだほとんど出てきてはいませんが、つわりはピークになってる方が多いです。一般的に経産婦の方の方が、お腹が目立ち始めるのが早いと言われています。つわりには、個人差がありまったく普段と変わらない方もいれば、常に吐き気を伴い、酷いと脱水症状を起こし入院が必要になる方もいます。また、経産婦の方でも一人目と時とつわりの状態は全く異なっている場合が多いです。その時その時の妊娠によって異なるという事です。

年齢別に予防接種のスケジュールを組んでいます。高齢出産について詳しく解説するカテゴリ。高齢出産は何歳から?や高齢出産のメリットやデメリットについて。産後のケアに関する情報交換出コミュニティを運営しています。絵本読み聞かせの専門家による詳細な情報を提供。妊娠中にの病気やトラブルについて解説しています。。妊娠高血圧症候群や便秘、痔などの原因・対策・予防について解説しています。妊娠から3ヶ月目のつわりの症状を掲載中です

Blog Home