思い出の街並みと看板

東京から帰省して、田舎に帰る時に乗る列車から見える風景は、楽しみと懐かしさが混在しているものです。何度も往復しているうちに、移り変わる風景は、習慣的に記憶に刻まれます。この駅を過ぎると田園風景が広がるとか、海が見え始めるなど、期待通りの景観が見えると、ホッとするものです。目的の街について、実家に向かう時に電車やバスの中から見えるのは、また何十年もそこに佇んでいるビルや店の数々です。こうした風景の中で印象的なのは、案外看板ではないでしょうか。老舗の古い木の看板や、ビルの上から縦に連なる銀行の名前などを見ると、安心するのは私だけでしょうか。「ああ、まだあの店もいてくれた。」と、まるで自分を待ってくれているような気になるのです。どの地域も土地開発が進み、新しいビルがあっと言う間に出来て、これまでとは全く違った街並みになるところは少なくありません。何でも、新しければいいという訳ではありません。日本の街も、長く保存することをそろそろ考えるべきだと思うのです。

耽美な雰囲気さえ感じさせる看板

電化製品や新しいお菓子など、今の時代では宣伝されているものは多いです。それらはテレビのコマーシャルやネットでの広告を通じて宣伝されることが多いですが、今は町中で電子パネルなどを用いた広告が出されるようになりました。看板の種類は昔からベニヤ板を貼り付けたような簡素なものから、最新の電飾技術を施したものまでかなり豊富です。これらの中から用途に応じたものを選び、設置することで宣伝効果を高めているわけです。ファミレスなどはわかりやすい例で、キャンペーンなどをする時には必ず簡易的な広告を数多く店外に設置します。いろいろなお店がありますが、それらの出す看板の中には耽美で幻想的な雰囲気を持つものもあるでしょう。今は芸術センスを持つデザイナーによって作られるものもたくさんあり、非常に見ごたえがあるので、たかが広告というより芸術作品といえます。

看板が私にとっては目印になる

初めて行く先の場合、看板があると大変便利です。例えば、この道を曲がれば良いのか、という目印になったりします。私はよく活用しており、次回訪れる際の目印として頭の中で覚えています。わかりにくいところなどは、現地につくまでにいくつかの設置されていることもよくあります。私の車のナビは、ディーラーでお金を払って更新してもらうタイプのものなので車を購入してから一度も更新していません。万単位の出費になってしまうからです。その為、私にとっては看板は本気でとても助かっているのです。ごくまれにわかりづらいところに設置されていることもありますが、そんな時はナビと併用して、近くだとわかるとまずその目印になるものを探していたりします。標識なども重要ですが、それと同じくらいこれは必要です。そうでないと、目的地を見過ごしてしまうことも考えられます。

販促良品.comでは、高品質で低価格なノベルティをスピーディーにご提供しております。名入れのエキスパートが責任もって対応いたします!ただ今、商品点数10000点以上!名入れが安い!名入れがキレイ!販促良品.com!長年培ったノウハウを生かし、高品質な販促品をご提供!ばらまき用や来場記念品などシーン別ノベルティ各種取り揃えております。お客様から満足の声、多数いただいております。ノベルティを選ぶならここ!

Blog Home