カタログ作成の際に考える枚数

カタログ作成の場合はどのくらいの量を作ればちょうど良いのかを明確にしておく必要があります。多く余ってしまっても良いと考える事もありますが、余ってしまうと金銭面で損をしてしまう事があります。作成する量によって価格が変わってきます。ちょうど良い量を計算することができれば、多く作ってしまい余ってしまう事も少ないでしょう。また余ってしまう事によって保存する場所を確保しなくてはなりません。広い事務所や倉庫がある際には考えなくても良いことになりますが、狭い事務所などの場合には置く場所の確保をする事が非常に手間になってしまう事も少なくはありません。自分の事務所が狭くなってしまうと作業がはかどらなくなってしまう事も多いので、作りすぎると様々なデメリットが生まれてしまいます。必要以上の量を作らないようにしましょう。

カタログ作成、デザインを考える

カタログ作成をする際は自分でデザインを考えるようにしましょう。業者に全て任せる方もいますが、それでは自分で作ったと感じる事ができない場合も出てきてしまいます。デザインだけでも自分で考えて依頼をする事によって、自分が作った気持ちになるので、最低限出来る事は自分で行う事が大切になります。また考えたデザインの通りに業者の方に作って貰いたいと考えている場合には、しっかりと話し合いをする事が重要です。自分で決めたから安心すると予想していた物と少し違う物が出来上がってしまう場合もあります。色合いが違う、サイズが違うという事がほとんどになりますが、このような違いは話し合いをする事によって解消する事が出来ます。何回も話し合いをするのは面倒に感じてしまいますが、自分が満足する事が出来るカタログを完成させるために必要な行動になります。

目立つカタログを作成する

多くの方に利用をして貰いたいと感じる場合はあるべく目立つカタログを作成しなくてはなりません。女性の方でも男性の方でも目立つカタログを利用する事が多いというデータがあるので、デザインは非常に大事になってきます。しかしどのようにすると目立たせる事が出来るのかわからないと言う場合もあるでしょう。1つは色で目立たせる方法があります。配色を少し奇抜な物にする事によって手に取ってもらう事が出来る場合が多いです。また自宅などに保管してもらう事ができた場合には目立つので探して再度みてもらう事も可能になります。もう1つの目立たせる事が出来る方法がキャラクターを使用する事です。今現在あるキャラクターを使用してしまうと権利などの問題が出てきてしまうので、行わない方が良いでしょう。多少時間がかかってしまいますが、自分で目立つキャラクターを作成してみると良いです。

カタログの作成は実績豊富なウララコミュニケーションズ! 雑誌社のノウハウで貴社の販促ツールをお作りします! 会社案内パンフレットは業界問わずまた、製品案内や入社案内、施設紹介等の種類も幅広く制作を承ります! 会社案内やパンフレット、リーフレットを雑誌を制作するプロが作ります。 プロが作るからこそできる効果的なツールを提供します カタログや学校案内、ホームページも制作しています。 数多くの企業様より受注しております。

Blog Home