企業にとって自社をアピールする手段として一般的なのが、ノベルティグッズが挙げられます。ボールペンやメモ用紙などがよく知られていますが、しかしながらその姿は長い時代の中で大きく変化することはありませんでした。その原因の一つはコストです。大量に生産しなければ単価は跳ね上がり、無料で配布するノベルティにはたくさんの需要があるものに限られてしまいました。しかしこの21世紀において、社会は多品種小ロットの技術を飛躍的に進歩させました。そのおかげでノベルティは、いわゆる必需品の枠におさまらず製作できるようになったのです。そして、その役割は、さらに大きな可能性を見出すこととなりました。情報が行きかう現代において、企業はより効果的なノベルティを模索しています。そしてそれは企業のイメージをより強く印象付ける、重要なファクターとして扱われるようになりました。

例えばIT関係の企業であれば、メモリスティックなどパソコン周辺のアクセサリーがよい例です。これらはすべての人が必ずしも必要とするものではありませんが、ITという専門分野で自社の存在を印象付けるには非常に有効な手段です。ペンやメモ用紙を配布するより企業イメージを強調し、少数でも単価が大きく変わらないため可能になりました。また、一企業で多品種用意することも可能になり、よりアピールできる市場も広がっています。家庭用備品などがよい例で、エプロンや簡単なまな板、ソープスタンドなど周辺アクセサリーを一式提供することで、ファミリー世帯にブランド名や企業名を浸透させるのに効果的な手段です。このようにたくさんの品種をセットにして提供することで、ノベルティの威力を高めることもできます。また、顧客によりいくつかのパターンを用意しておくのもよいでしょう。法人営業などでは、顧客の業務内容によって必要備品や興味のあるグッズは異なってくるものです。たくさんの種類を少量ずつ作製し、TPOに合わせ、よりウケの良い印象的な、なおかつ長く使ってもらえるものをピンポイントで配布することが可能です。時代のニーズと技術の進歩により、ノベルティはその機能と可能性を大きく広げました。

今多くの企業が新たな手法を模索してる中、今後さらなる発展が見込めることとなるでしょう。100台ほどの少数であっても単価は昔と大きく変わらず、コストパフォーマンスの高い企業アピールの手段として、今非常に注目を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*